BLOG
ブログ

2020.03.28

はやってますね

コロナ。ショッピングモールや様々な企業も休業、いろいろな興行の中止や、あげくオリンピックも延期と前代未聞のコロナ旋風が吹き荒れて戦々恐々な毎日です。タカーです。

こんな時期に楽しいこと書いても暗いこと書いても不謹慎だなんだと言われかねないのですが先輩の命令によりこのブログを書いております(汗)

 

さて、先ほども申し上げたようにコロナウィルスの影響でショッキングなニュースが数多く流れておりますが、その中でも自分としては衝撃的だったのは…

その名前のせいで売り上げが約300億ドルも落ち込んでだというコロナビールのニュース!

まさに風評被害!あんまりです!本当にひどい!お酒好きな自分としては見逃せません!!

 

と思いましたが、待てよと。

酒飲みのビール党の方々が流行のウィルスと名前が一緒だってだけでそんなにも購入しなくなるものなのかと。

 

自分はジャックダニエルウィスキーが好きなのですが、仮にダニエルという名のウィルスが猛威を振るっていても全然気にせずに飲むよなぁと。

むしろ自分が飲んで応援してやるぐらいに思うはず!

なのでこのコロナビール売り上げ減少のニュースについて軽~く調べてみました。

結果!

コロナビールの売り上げがおよそ300億円分も落ちているというのはデータが乏しいといった記事や

そもそもウィルスとの因果関係を証明できていないなどの記事が。

さらには、これだけコロナの名称が有名になったために刷り込み効果で無意識にコロナビールを買う人が増え

売り上げも増加しているといった記事までありました。

先ほど上述したように「飲んで応援!」といった気持ちで普段より多く購入した人もいたかも知れませんし。

もはや何を信じればいいのかわかりません…。

 

個人的にはですが、さすがに300億も売り上げが落ちたというのは嘘かなと思います。

風評被害を受けそうなタイミングで、あえてネガティブなニュースを出すことでピンチをチャンスに変えようとしたのではないかと想像します。

とはいえ何を信じるかはみんな次第です。ただ、なんでも情報を鵜呑みにせずちゃんと調べたほうが良いですね!

コロナビール売り上げ減のニュース、今回調べるまでほぼほぼ信じていたのでびっくりです。

 

さて、せっかくなので最後にコロナウィルスに関する豆知識をひとつ。

コロナの名前の由来。
顕微鏡でると膜に覆われた表面に突起のようなものが出ていて、この突起がギリシャ語で王冠を意味や太陽の光冠を意味するコロナのように見えることから、「コロナウイルス」という名前がついたそうです。
以上です。閲覧いただきありがとうございます。
世界的にも大変な事態ですが、しっかりと予防してコロナに打ち勝ちましょう!!

212 views
ブログトップへ戻る